10
1
2
3
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今日のレッスン:平成26年12月3日(水)

(この日のブログは一度書いたものが消えてしまったため、再度書き直したものです)

今日の出席者は4人
賑やかな黒魔女姉妹がお休みだったのがちょっと残念・・・

4人ぼっちだたので、今日はじっくりバレエの基本に取り組みました!


まずはスタンディングです。

「ちょっと重心が後ろになっているので気をつけて!」
・・・素人が見てもよく分かりません
20141203(2).jpg

「小指を意識して、床につけて」
20141203(3).jpg

「骨盤を前に、上に引き上げて!」
20141203(8).jpg

「お尻はおさめて」「腹筋をつかって上に!」
20141203(9).jpg

どうでしょう?
素人目ですが、重心が前になって、いつもと雰囲気が違うような・・・
20141203(10).jpg

こちらが修正前のスタンディング。やはり変化した気がします!
20141203(4).jpg

ちなみに、後ろ重心の悪い見本をクララ先生がしてくれました。
お尻が後ろに出て、骨盤が前傾しています。イメージがわきますよね。
20141203(11).jpg

まこちゃんもチャレンジ!
「おしりを納めて骨盤を引き上げる!」
20141203(5).jpg

やはりいつもとシルエットが違う気がします
20141203(6).jpg


さてここで、Ednaがアンデオールについてストレートな質問をしました。
「腹筋のように、アンデオールができるようになる訓練法はありますか?」
これに対するクララ先生の回答は「意識し続けることが大事」というシンプルな基本。
バーオソルやストレッチなどイロイロな方法はあると思うのですが、やはり日々の地道な積み重ねが大事だということです。これこそバレエの魅力であり醍醐味ですネ!

ということで、次はアンデオールです。
意識することがどれだけ大事かやってみます。

まず、現状を把握します。
自分が思うようにタンジュをしてみます。
20141203(14).jpg

ここで、クララ先生の指導が入ります。
まず、5番ポジションから、
20141203(15).jpg

小指からグググググっっとアンデオールを意識しながら動かします。
20141203(17).jpg

同時に、足の付け根、骨盤からつま先までアンデオール。
20141203(19).jpg

筋肉を巻き込むように、こちらから、
20141203(20).jpg

こちらに向けて回します。
20141203(21).jpg

どうでしょう?
意識することでキレイなアンデオールになりました!
20141203(22).jpg

まこちゃんも。
20141203(24).jpg

クッキーも。
20141203(29).jpg

そして、正しいタンジュからそのまま足を上げればキレイなアラベスクになります!
20141203(31).jpg

もうひとつ大事なのは、カカトとアキレス腱のラインを真っすぐにすること!
20141203(35).jpg

そして、やはり大事なのはスタンディング
上にぐっっと5センチ上に伸びるように意識すること!
足を出すのが楽になりますヨーーーー!!
20141203(36).jpg

アティチュードも同様に。
あなかを突き出さないで、上に!!
20141203(39).jpg

バーをしっかりやったので、4人だけのセンターはちょっとへたばりました・・・
写真は1枚だけ
20141203(41).jpg
スポンサーサイト
Secre

カテゴリ

最新記事

プロフィール

benihoppe

Author:benihoppe
平成16年4月からクラシックバレエを始めて14年目。バレエの音楽もストイックなところも大好きです。一緒にレッスンする仲間が増えるように、生徒目線のブログを始めました。

カウンター

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR